アガベ ユタエンシス ネバデンシス(uthaensis var. nevadensis)の育て方と成長記録

アガベ ユタエンシス ネバデンシス(uthaensis var. nevadensis)

ユタエンシス・エボリスピナの次はユタエンシス・ネバデンシスです。

ユタエンシス・ネバデンシスはエボリスピナの変種で、エボリスピナは葉がグリーン系で白い棘(スピン)であるのに対し、ネバデンシスは葉がブルー系で棘に黒が混じり捻れており、よりワイルドな感じなんだそうです。

ワイルドでカッコいいのは同じですね。

種子の購入先

ネバデンシスの種子はSeed Stockさんで購入しました。
ネバデンシスも人気の高いアガベですので売り切れていることが多いのですが、入荷情報をチェックしていたおかげで購入することができました。

10粒で600円とアガベの種子の中では中程の価格でしょうか。
2022年8月13日現在の価格は700円となっています。値上がりしているようです。

今回もおまけしてくれたのか種子10粒の注文に対して12粒入っていました。

発芽率

種まきの方法や手順はアガベ モンタナ・パラサナで試す種まきから発芽(実生)までを参考にしていただくとして、12粒まいて発芽したのは9粒でしたので75%の発芽率となりました。

発芽した子苗は今のところすべて順調に成長中ですので消滅率は0%です。
今のところ発芽した中で1苗だけ非常に弱々しいというか何というか発芽するのが精一杯といった趣の苗が1本あります。

赤枠の中の小さな苗とごく平均的な成長をしている左の苗と比べてみるとその小ささがわかると思います。
こいつはちょっと心配です。コンパクタみたいに小さく育つのでしょうかね?

2022.8.13 実生から約3ヶ月後

種を蒔いたのが5月20日頃ですから3ヶ月弱ほど経っています。種まきからこのネバデンシスも室内で植物育成ライトに照らされながら成長してきました。
今のところ発芽した苗は順調に育っているように見えます。1苗以外はね。

ネバデンシスは他のアガベより大きさの割に葉の枚数が多いような気がするのですがこういうものなんでしょうか?

それにしても右の鉢、コケが凄いことになってます。コケでドロドロです。
確証はないのですが、用土にパーライトが入っているとコケが出やすいような雰囲気を感じています。

下の画像は一番育ちの良さそうなネバデンシスのアップ画像です。
種まきから発芽して約3ヶ月ほどで大きい苗は幅4センチ程度まで育っています。
やはり他のアガベと比べて葉の枚数が多いような気がします。

鉢の底から根が飛び出てきているのでそろそろ植え替えの時期のようです。

アガベ ユタエンシス ネバデンシスの基本情報

分類キジカクシ科(クサスギカズラ科) アガベ属
学名Agave utahensis var. eborispina(アガベ・ユタエンシス エボリスピナ)
自生地アメリカ・カリフォルニア州
ふやし方株分け、タネまき(実生)
緑・黄系
生育タイプ春秋型 夏型
特徴ぷっくり・肉厚の葉スタイリッシュなフォルム(細長い葉やトゲ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました