アデニウム・オベスムの実生からの成長記録

夏型の植物「アデニウム・オベスム」の実生からの成長記録です。

アデニウムの種子購入

いつものようにBerry&Pさんで購入しました。今回は楽天のBerry&Pさんです。
アデニウムの種子は意外と値が張って10粒で1,000円〜1,500円位するのですが、購入したのはアデニウム オベスム 25MIX 赤色の花弁25種より、ランダムに10粒を選択したもので、ちょっとお安い10粒660円のもの。

砂漠のバラの別名を持つアデニウムですから「赤ければまぁいいや」程度のノリで購入です。

おまけなのか11粒入っていたのはウレシイですね。

念のためベンレートで消毒

アデニウムの種、見た目が大きくてもやはり種子ですから、発芽までにカビたりしないようにベンレートで消毒(12時間)します。浸けておく時間は適当です。
調べてみても1時間というケースや24時間というケースなど様々です。ただ、あまり長時間浸けていても意味がないので6〜12時間程度が良いのではと個人的には感じています。

鉢と用土

鉢はプレステラ90(新型がでましたね)にいつもの土をいつものように入れて蒔き床としました。
詳細はパキポディウム・恵比寿笑い・ホロンベンセの種まきをごらん下さい。同じ方法で行っています。

スポンサーリンク

2022年9月13日 アデニウムの種を蒔く

パキポディウムと比べて一回り大きなアデニウムの種、見ているだけで力強く発芽してきそうです。

画像は種を蒔いたところです。蒔くといっても土の上に種をのせるといった感じですね。土をかぶせたりはしませんでした。

種子がふやけて更に大きくなっています。でかい!

このまま、大きなタッパウェアに入れて腰水しつつフタをして湿度も確保、様子を見ます。

2022年10月8日 成長が早い

画像を残すのを忘れてしまいましたが、発芽し始めたのは種まき後3日ほど経過してからですね。
発芽率は驚異の100%!。11粒まいて11粒発芽しました。ここのところモンタナなどで全滅が起こっていたので発芽率が100%とはうれしい限りです。

種まき後25日目の姿をごらん下さい。
アデニウムの成長の早さがおわかり頂けるのではないでしょうか。

育成環境ですが、室内(室温22〜30℃)にて植物育成ライト12時間照射、腰水にて育成中です。

高さは5センチ位です

いつまで腰水を続けるのか?

これはもう永遠の難問ですね。

これから冬に向かってどんどんと気温も下がり続けていくなか、寒さが苦手なアデニウムですからこのまま室内育成になるのはわかりきっているので、

  • このまま腰水を続けるか
  • まだ暖かい今のうちに植え替えて腰水を止めるか

どちらにしようか思案中です。

スポンサーリンク

2022.10.20 更に成長中のアデニウム オベスム

2週間ほどで更に成長したアデニウム オベスムです。
幹も太くなり葉のしげり方が著しく増えています。

葉と葉が重なり合って窮屈そうです。

こうなると「今のうちに植え替えかな??」などと考えてしまいます。
植え替えと同時に腰水も止めるとか有りかな??

2022.10.21 アデニウム オベスム植え替え敢行

本日を含めて晴天が3日ほど続くとの予報なのでちょうど良い機会だと植え替えをしてしまいました。

2.5号プラ鉢に1株ずつ植え込んでいきました。合計11鉢でかなりスペースをとりますがアデニウムは窮屈さもなくなりいい感じです。

株によってかなり大きさが違いますが、育ちの良い株は高さが根元から葉先まで8cmほどに成長しています。
種まきから1ヶ月半、その成長の早さには目を見張るものがあります。アガベやパキポディウムとは比べものにならないほど早いです。

スポンサーリンク

鉢は深い方が良い?

アデニウムの根がまっすぐ下に伸びるような感じだったので欲を言えばこのプラ鉢がもう少し深さがあれば使いやすいのですけど。
この鉢よりプレステラの深鉢の方が良かったかもしれないとほんの少し後悔しています。

とりあえずこの状態で冬を越すことになります。もちろん室内で。

コメント

タイトルとURLをコピーしました